Tプロジェクト

雑記ブログです。

怪獣8号【第1話】ネタバレ感想

登場人物
日比野 カフカ(ひびの かふか)⇒討伐された怪獣の清掃の仕事をしている。32歳。
亜白 ミナ(あしろ みな)⇒防衛隊第3部隊の隊長。27歳。
市川 レノ(いちかわ れの)⇒カフカの後輩。防衛隊を目指している。18歳。

あらすじ
怪獣が発生しやすい日本。
ここは神奈川県横浜市
災害発生の広報がアナウンスされている。
赤いハ虫類のような大型の怪獣が街中を進んでいく。
そして怪獣が血を流し倒れ、ビル群が崩れていく。
怪獣の目の前で防衛隊の女性が銃を構えている。
再びアナウンスが入る。怪獣は討伐されたようだ。
市民が防衛隊第3部隊に拍手している。隊員がそれに手を振って応える。
日比野 カフカ(ひびの かふか)は討伐された怪獣の解体をしていた。
臓器から飛び出した体液でやけどをする同僚。虫のわいた腸作業は特に過酷な現場だった。
夜遅く家に帰り、クタクタになった体をベッドに預ける。
横目でテレビを見ると、第3部隊の特集をしていた。
隊長の亜白 ミナ(あしろ みな)の活躍を紹介するナレーション。
それを見たカフカは、子どもの頃ミナと二人で怪獣を全滅させると言ったことを思いだす。
なぜ自分は防衛隊じゃないのか?
清掃も立派な仕事だと自分に言い聞かせ、考えないようにしていた。
翌朝、特集を見たせいで酒を飲みすぎ、二日酔いで会社に出勤するカフカ
同僚から、防衛隊を目指している市川 レノ(いちかわ れの)という新人アルバイトを紹介される。
レノはカフカが防衛隊になることを諦めたことを聞き、なぜ諦めたのか?と聞く。
カフカは頑張ったが無理だった。年を食ったら分かると答える。
レノはカフカの言い分は納得ができないようだった。わかりたくもないと着替えにいってしまう。
カフカは涙目になりながら、諦めるのはそんなに悪いことなのか?と思うのであった。
怪獣の清掃作業が始まり、レノとともに腸作業をするカフカ
レノは腸作業をしたせいで気分が悪く、昼食が取れないでいた。
カフカはレノになにか食べないと体がもたないからと携帯ゼリーを渡した。鼻栓も渡そうとするが、それは断られるのであった。
仕事が終わり、レノはカフカのおかげで初日をのりきれたとお礼を言う。
そして33歳未満に防衛隊の年齢が引き上げられることを伝えた。
カフカはレノに思っていたよりいいやつだと言う。
レノはそんなんじゃないと言いかけた時、突然地面から中型の怪獣が飛び出し襲ってきた。
怪獣のかみつきからレノを守るカフカ
カフカはレノにここを離れることと通報を頼み、鉄パイプを手にする。
怪獣が手を打ち下ろし、受けた鉄パイプが変形する。
カフカは再び、子どもの頃ミナと二人で怪獣を全滅させると言ったことを思いだす。
怪獣はかみつこうと大きく口を開け迫ってくる。
レノは怪獣の頭に道路標識を叩きつけた。
この場を離れたと思っていたレノが戻ってきていた。
レノはここで逃げ出したら隊員になれないと言い、カフカを守るように立つ。
カフカは防衛隊の試験に不合格だったことを思い出す。
自分の無力さを感じ、目の前に怪獣に悔しさをぶつける。
その瞬間、第3部隊が銃を撃ち怪獣を倒した。
ミナはカフカを一瞥すると、部下に救護の指示を出した。
場面は変わり総合病院。
カフカとレノはカーテンで仕切られた同室で、怪獣から受けた傷の治療を受けていた。
まだ恐怖の余韻で震える自分の手を見ながら、恐ろしい怪獣を一瞬で倒したミナはすごい。
手の届かないところへいってしまったとカフカは感じていた。
レノはカフカに助けてもらわなかったら自分は死んでいた。
すごくかっこよかった。防衛隊員になるべきだと言った。
レノの言葉を聞いたカフカは再び防衛隊員を目指すことを決意する。
ふと天井を見上げると、羽を持つ小型の怪獣が口の中に飛び込んできた。
カフカの様子がおかしいことに気付いたレノがカーテンを開けて呼びかける。
見るとカフカは怪獣になってしまっていた。
顔を見合わせ驚く二人。
カフカは怪獣ではないことを一生懸命にアピールする。
その様子を見た他の患者が通報しようとしていた。
レノはカフカにこの場から逃げるように促す。

感想
少年ジャンププラスで連載されている漫画です。作者は松本直也さんです。怪獣を討伐をする方ではなく、清掃業者にスポットを当てているのが斬新ですね。ラスト主人公が怪獣になってしまいました。この先、幼なじみと戦うことになってしまうんでしょうか。先が気になります。夢を諦めた男がもう一度夢を追うという王道の展開。絵が上手で読みやすく話も分かりやすいので、多くの人におすすめできる作品です。

t.co